クレジットカードをより安全に使用する

最近、クレジットカードを使用して気づいたことがあります。それはレストランやショップで支払いをするとき、クレジットカードをスライドさせて読み込ませることではなく、チップを利用してデータ通信を行う方法が推奨されているということです。この状況に気づいたのは、先日出張で外国に行った時のことです。クレジットカードにはICチップのようなものがついており、そこからでも読み取りを行うことができます。そしてこのICチップからデータを読み取るほうがスキミングの危険が低いらしいのです。これは自分が行った外国のレストランのレジカウンターにいたキャッシャーから教わったことです。ちなみにこの時の支払いは、ICチップを通して行いました。