固定費の支払いをクレカにしたら便利でお得になりました

クレジットカードは便利な反面、使い過ぎが怖い。そう思って、カードを作ったはいいものの、ほったらかしにしてました。確かに普段の買い物で使うと幾ら使ったのか分からない。だけど、光熱費などの固定費ならば使いすぎることはないのでは?そう思って水道局や電力会社のホームページを確認すると、クレジットカード支払いに関する項目がありました。光熱費以外にも調べてみると、携帯電話や固定電話、ネット料金など、クレジットカードで支払える固定費は意外とあって驚きました。それら全てをクレジットカード支払に変更手続きをしたところ、私の場合は毎月数千円分のポイントが溜まるようになりました。払ってる金額は変わってないのにポイントが溜まるようになったので、大変お得だと感じますし、コンビニ等に支払いに行く手間もなくなって便利になりました。もしクレジットカードを使うのを躊躇してる人がいたら、固定費の支払いに使ってみるのをオススメしたいと思います。

家電好きにはビックカメラSuicaカード

クレジットカードは自分の買い物スタイルで決めるのがいいとされているのですが、そういった意味では自分は家電好きなのでビックカメラSuicaカードを申し込んでからかなり使っています。家電好きであっても田舎町のようなところではなく、自分の通勤圏内にビッグカメラがあり、Suicaも使っていたのでまさに自分に打って付けクレジットカードだと思ったのも選んだ理由でした。ポイント還元に関してはSuicaチャージにクレジットカード支払いをすると追加で貯まるのが大きい点でして、それをビッグカメラでの買い物と合わせて使っているのでポイントが想像以上に貯まっていくのが嬉しいですね。とにかく家電好きで通勤でSuicaを使っているのならばビックカメラSuicaカードを検討しましょう。

クレジットカード一本化。

今まで、クレジットカードは数枚持っていましたが、最近1枚にしました。年会費は、1200円ほどかかりますが、年間10万円以上利用すれば、無料になったり、公共料金をクレジットカード払いにしたり、請求書を郵送不要にし、インターネットからの確認にするなど、何個か合わせて申し込みすると、年会費が安くなります。買い物で貯まったポイントを、電子マネーに換えれたり、好きな景品に交換できたり、利用料金の割引に出来たりと、クレジットカードをよく使う私には、ピッタリなので、随分ストレスなく利用できています。クレジットカードは便利ですが、各会社によって、メリットが違うのでよく考えて、自分に合うカードを選ぶようになりました。

楽天カードはポイントカードとしても使えます。

年会費永年無料と入会特典のポイントに惹かれて楽天カードを作りました。カードは作ってはみたものの、貰ったポイントを使った後は他にメインにしているカードもあるせいか、全く使わなくなってしまいました。そんな時にドラッグストアの「くすりの福太郎」で買物をしようとしたところ、楽天カードはお持ちですか?と聞かれました。何でそんなこと聞くのだろうと思ったら、お買物で楽天ポイントが貯まるということでした。後で調べてみたら、ポイントカードとして使えるお店がたくさんあることがわかりました。ミスタードーナツやプロントなどの飲食店、コンビニやドラッグストア、ガソリンスタンドやデパートなど、実に様々なお店でポイントを貯めることができます。楽天カードを作ったら、自分が良く行くお店が楽天ポイントを貯められるお店かどうか確認することをオススメします。私にとって楽天カードはサブのカードですが、ポイントカードとしてはあちこちで貯められてかなり使えます。

クレジットカードは生活に便利で欠かせません

私にとって生活で欠かすことが出来ないアイテムといえばクレジットカードです。クレジットカードは家族カードというものもあり、家族に無料で持たせることも出来て非常に便利ですし、クレジットカードを持っている人はETCカードを発行することも出来るので、普段高速道路に乗ることが多い私はクレジットカードを作って良かったと実感しています。クレジットカードは一括払いだけでなく、リボ払いや分割払いなどお金の支払い方法を選べるので、大きな買い物をしたい時も自分のペースで少額ずつ無理なく支払うことも可能で非常に便利です。去年は家電の買い替えをしたのですが、分割払いを活用したので楽に支払うことが出来て助かりました。クレジットカードがあればインターネット通販で買い物する時にも、代金引換という方法を選ばなくても済むので手数料も節約できて大変お得です。

セゾンカードインターナショナルは即日発行

セゾンのカードは、即日発行が特徴的なカード会社だと思います。
私は、セゾンの提供しているクレジットカードを3枚ほど所持していますが、どのカードも即日発行でした。
申し込み自体もとても簡単で、必要事項の入力をして申し込み完了です。申し込みをしてから、本人確認として次の日にはセゾンから連絡が来ます。私は出られなかった時もありましたが、掛け直すとすぐに折り返して電話をしてくれるように言ってくれて通話料がかからないように気を遣っていただいたこともありました。
電話での本人確認が終わったらカードの発送メールが来てすぐに手元に届きますので、1週間以内にはカードが手元に届くような仕組みでした。
私の申し込みをした3枚のカードは、どれも同じような期間に手元に来ています。
また、すでにセゾンの系列のカードを所持していて違う種類のセゾンカードの申し込みをした時、どうしても都合が合わず本人確認の電話がなかなか取れないことがありました。
しかし、そのときにもすでに所持しているからなのかカード発行のメールが届き、その後カードも通常に手元に来たこともあります。なのでセゾンを複数枚持っていると情報がすでにあるので発行してくれたのかなと思いました。
発行がとても早いので、クレジットカード即日で欲しい方にはオススメだと思います。

お得にクレジットカードをフル活用しています

我が家はクレジットカードをお得にフル活用しています。使用しているクレジットカードは全部で2種類。主に使用しているのは楽◯カードです。もう一方のクレジットカードは現在では買い物ではあまり使用していませんが、海外旅行の際の保険がある事と、会員だけがお得にかなり安く加入できるガン保険に入っているため解約する予定はありません。2種類のクレジットカード共に年会費は無料、使用する毎にポイントがつくクレジットカードです。メインで使用しているクレジットカードで高額商品を購入する時には、必ずポイント10倍の時を狙って買い物しています。その他にも通信費、光熱費などの毎月かかる支払いや、ネットスーパーもこのクレジットカードから支払いをしてポイントを貯めています。最近になってふるさと納税も楽天から出来ることを知り、楽天からクレジットカードを使ってふるさと納税をしました。こうして1枚のカードで集中して支払いをするとかなりのポイントを貯める事が出来、また買い物にそのポイントが使えるためとても経済的です。セキュリティーの管理をしっかりとして計画的に使用すれば、クレジットカードはとても便利だと思います。

viewカードのポイントについて

Suica機能付きとしてもviewのクレジットカードですが、このカードには利用金額に応じたポイントが付くことをご存知ですか?Suicaへのチャージや、通常のクレジットカードとして利用した場合でも、1000円で2ポイントが貯まる仕組みになっています。1000円で2ポイントと聞いて、少ないな…と感じる方もいるかもしれませんが、Suicaのオートチャージ機能を利用したり、定期券購入もこのカードを使えば更にポイントが貯まりやすくなります。また、貯めたポイントはSuicaのチャージ金額や様々な商品と交換することができます。中でも「ルミネ商品券」への交換は、650ポイントで2000円相当の商品券と交換できるため、同額のSuicaチャージ等と比較すると、最もお得な交換方法だと言えます。クレジットカードに付帯するポイントサービスはどれも似たり寄ったり…と思われるかもしれません。けれど、日々の利用がちょっとしたご褒美に変身する可能性もしっかりと秘めています。ぜひこの機会に、ご自身のクレジットカードを見直してみてはいかがでしょうか?

還元率の高いクレジットカードを使いましょう

クレジットカードを万枚も持っている方もいます。いろいろな場面でクレジットカードを作ることを勧められてしまうことが多いので年会費が無料ですよなどと言われて、つい作ってしまうのかも知れません。年会費が無料であればクレジットカードを何枚も持っていても余計なお金はかからないので特に問題は無いと思いますが、普段使いするクレジットカードは決めておくのが良いだろうと思います。どのようなクレジットカードを普段使いにするのが良いのかと言いますと、それはポイントの還元率の固いものだと言えるでしょう。クレジットカードで1000円の買い物をして5ポイントもらえるカードより10ポイントもらえるカードのほうがお得なのは説明の必要がないでしょう。クレジットカードを複数枚、持っている方はポイントの還元率を調べ直して、よい多くポイントのもらえるものを普段使いのクレジットカードにするのが良いでしょう。

クレジットカードをより安全に使用する

最近、クレジットカードを使用して気づいたことがあります。それはレストランやショップで支払いをするとき、クレジットカードをスライドさせて読み込ませることではなく、チップを利用してデータ通信を行う方法が推奨されているということです。この状況に気づいたのは、先日出張で外国に行った時のことです。クレジットカードにはICチップのようなものがついており、そこからでも読み取りを行うことができます。そしてこのICチップからデータを読み取るほうがスキミングの危険が低いらしいのです。これは自分が行った外国のレストランのレジカウンターにいたキャッシャーから教わったことです。ちなみにこの時の支払いは、ICチップを通して行いました。